あしのADHDでも生きる

ADHDとうつで苦しむ私の日常のはずがもはやブラダスブログ

スポンサーリンク

無課金初心者向けワルボのすゝめ・オグドアド編

※この記事は、新キャラ実装およびキャラ調整のたびに見直しをし、順次加筆修正をしていきます。

ブラウンダストのゲームの仕様上、サービスが終了するか、筆者である私自身が飽きるまで永遠に完結することはないので、予めご了承ください。

また、あくまで

『無課金初心者が自分よりも無課金初心者の人に向けて』

書いた攻略記事の為、ベテランブラウンダストプレイヤーにとって有益な情報は出てこないと思われます。

重ねてご了承いただいたうえで、参考までに目を通していただければ幸いです。

 

ワルボのすゝめ・オグドアド編

オグドアド

ワルボ・オグドアド

オグドアドの基本性能

オグドアドは、狩猟のワールドボス。

 

狩猟での基本スコアは、配置傭兵の攻撃力、クリ率とクリダメに応じて計算され、獲得スコアはボスに与えたダメージ量になる。

基本スコアは攻撃力(1+クリ率%×クリダメ%)で求められるので、キャラが揃わないうちは、単純に攻撃力の高い傭兵を並べるのが良い。

 

ステータスは攻撃力100、HP7億6千百万、防御75%、クリ率0%、クリダメ0%、敏捷100%。

 

スキルは、巨大な岩、攻撃妨害免疫、ステ減少免疫を持っている。

巨大な岩

オグドアドの攻撃スキル、巨大な岩。

攻撃力100+巨大な岩のスキル効果で、基本的にはROUND1で自陣の傭兵が倒れることはない。(岩石老人レベル1にルーンを付けずにバリアの支援もかけなければ、HP148の為ワンパンで倒されると思われるが、餌にしたため検証不能そもそも星4にしないと参加できないので、やっぱりROUND1の攻撃で自陣の傭兵が倒れることは自爆以外なさそう。

 

ROUND2の攻撃は、巨大な岩を防ぐ方法が現状(2019年10月5日現在)存在しないので、絶対に全員が倒されて戦闘終了となる。

 

オグドアドスコア稼ぎの基本

オグドアドは、敏捷100%と防御75%という耐久面での高いステータスが壁となり、プレイヤーの攻撃のほとんどをダメージカットしてしまう。

まずは敏捷と防御をきちんと下げてから攻撃したいのだが、攻撃妨害免疫とステ減少免疫があるため、かかるデバフが限られる。

きちんと手持ち傭兵のスキル種類を把握し、オグドアドに使えるデバフを確認しておこう。

 

攻撃妨害免疫とステ減少免疫に防がれない、防御や敏捷を下げられるスキルにはロックオンⅡ、腐敗Ⅱ、烙印がある。

他に、オグドアドに有効なデバフとして、特殊に分類される、回復封印に付属する被ダメ増加と、持続ダメージスキルに分類される、火傷についてくる被ダメ増加等がある。

独立した被ダメ増加のスキルは、ステ減少に分類されるため、オグドアドには使えないので気を付けよう。

当然、ステ減少に分類される呪いもかからないので注意。

 

そして、これは全ワールドボス共通だが、星3以下の傭兵は星4まで昇級させないとワールドボス戦で配置が出来ないので覚えておこう。

オグドアドで使えるデバフ持ち傭兵

ロックオンⅡ

星5傭兵

アントニオ

アントニオ

イケメン執事アントニオ

スキルレベル+6からロックオンがロックオンⅡに変化、全ステ-のデバフがかかるようになる。

スキル+6で-20%、+7で-35%、+8で-50%。

 

イライザ

イライザ

アラン最強の戦士(笑)イライザ

スキルレベル+6からロックオンがロックオンⅡに変化、全ステ-のデバフがかかるようになる。

スキル+6で-20%、+7で-35%、+8で-50%。

 

スキルレベル+5で被ダメ増加が+100%になるので、手持ち傭兵によってはアークスターの編成と兼用できる可能性はある。

ギルド戦でも使える局面もなくはなさそうなので、鍛える価値もなくはない。かもしれない。

6魔星セリアの素材にもなる傭兵なので、育成して使うかどうかよく考えよう。

 

ジェニス

ジェニス

何ヶ月も山籠もりできる28歳女性ジェニス

スキルレベル+6からロックオンカウンターに付随するロックオンがロックオンⅡに変化、全ステ-のデバフがかかるようになる。

スキル+6で-15%、+7で-25%、+8で-35%。

 

ただし、カウンタースキルの為、効果が適用されるのはROUMD2からになる。

アントニオ、イライザよりはギルド戦で使える可能性があるので、手に入れば鍛える価値があるかもしれない。

だが、ゲームの攻略手順を考えると育成の優先度は低いと思われる。

 

星4傭兵

マヤ

マヤ

先兵隊の先鋒長マヤ

スキルレベル+3からロックオンがロックオンⅡに変化、全ステ-のデバフがかかるようになる。

スキル+3で-10%、+4で-13%、+5で-16%、+7で-23%、+8で-30%。

 

攻撃範囲がスルー1マスで、スキルレベル+6で無効化が開放され、+10でバフ封印も付属するようになる。

ストーリーや悪魔城などでも使える場面はあるが、優先して育てる星4傭兵は他にもっといる。

 

ドミニク

ドミニク

設定は賞金稼ぎ 狙うのはプレイヤーのマイル ドミニク

スキルレベル+3からロックオンがロックオンⅡに変化、全ステ-のデバフがかかるようになる。

スキル+3で-10%、+4で-13%、+5で-16%、+7で-23%、+8で-30%。

 

ただし、マイルガチャ専用の星4傭兵なので、入手難度は高い。

 

星3傭兵

ナタリー

ナタリー

イライザ信者ナタリー

スキルレベル+3からロックオンがロックオンⅡに変化、全ステ-のデバフがかかるようになる。

スキル+3で-5%、+4で-7%、+5で-10%、+10で-20%。

 

ただし、ワールドボスに参加するには、最低星4に昇級させなくてはならないのがネック。

 

腐敗Ⅱ

星5傭兵

ウェスター

ウェスター

古代の力を取り込んだ魔術師ウェスター

スキルレベル+6から腐敗が腐敗Ⅱに変化、全ステ-のデバフがかかるようになる。

スキル+6で-35%、+10で-65%。

 

腐敗自体の対オグドアドスコア効率が高いのに加えて、被ダメ増加+を付与できる烙印スキルも持っているので、オグドアド戦だけを見据えると全力で鍛える価値がある。

一応は、悪魔城にも刺さる階層が存在するのに加え、ストーリーでも一定の戦果は挙げられると思われるが、スキル書5は貴重だ。

 

ガリノス

ガリノス

悪魔であることを忘れた悪魔商人ガリノス

スキルレベル+6から腐敗が腐敗Ⅱに変化、全ステ-のデバフがかかるようになる。

スキル+6で-35%、+7で-50%、+8で-65%。

 

ウェスターと比べると腐敗の倍率が低いのに加え、他のスキルが一切オグドアドと噛み合わないため、オグドアド腐敗編成を全力で目指すにしても、編成に入るかどうか微妙。他のデバフの事も考えると、どう考えても編成に残らない。

ストーリーや悪魔城では使える場所もありそうだが、スキル書5をガリノスに使うくらいなら、他にもっと有益な使い方があると思われる。

対オグドアド用の傭兵をガリノスしか持っていないうえで、ガリノスに深い愛情を持っていなければ、育てない方が良いだろう。

 

デオマロン

デオマロン

幽界より舞い戻りし古代騎士デオマロン

スキルレベル+6から腐敗が腐敗Ⅱに変化、全ステ-のデバフがかかるようになる。

また、スキルレベル+9から腐敗カウンターの腐敗が腐敗Ⅱに変化、全ステーのデバフがかかるようになる。

スキルレベル+6で-25%、+9で攻撃時の腐敗Ⅱとカウンターの腐敗Ⅱを併せてー50%。

 

攻撃時と攻撃を受けた時の2回腐敗を入れることができ、育成が完了したときの腐敗ダメージ倍率はウェスター、ガリノス、デオマロンの腐敗3人衆の中でも断トツのトップ。

ただし、ウェスターと違い被ダメ増加はかけれないので、対オグドアドのみを考えたときの育成優先度は、他の編成傭兵次第になる。

腐敗カウンターと挑発を持っているため、腐敗三人衆の中では一番汎用性が高いと個人的には思う。

だからと言って、よっぽどのこだわりと理由がなければ、スキル書5を使う程だとは思わないが。

一応、デオマロンはセイルとセット効果があるので、少し偉いかもしれない。

烙印

星4傭兵

アヤン

アヤン

ファレルの妹(萌えポイント※ただし25歳)アヤン

スキルレベル+0から敏捷-のデバフがかかる鈍化の烙印が使える。

+0で-25%、+1で-35%、+2で-45%、+4で-60%、+5で-75%。

 

アヤンは烙印に加え、スキル+6で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+がかかるようになる。

無課金でも育てやすく、汎用性も高い為、コスパが一番良いと思われる。

オグドアドの攻略に本格的に乗り出すなら、真っ先に育成したい。

オグドアド戦のみを考えるなら+14までの育成でいいのも魅力の一つだが、助力者集めがネックとなるか。

それでも、スキル書5やマイルという貴重な資源を投入するよりはるかにコスパは良いと思われる。

スキルを上げれば火傷のダメージ倍率も上がり、スコア稼ぎも捗るので、オグドアド戦では非常に優秀。

烙印及び特殊、持続ダメージの被ダメ増加

烙印

星5傭兵

ウェスター

ウェスター戦闘イメージ

二度目の登場ウェスター戦闘イメージVer.

スキルレベル+0から、激昂の烙印で被ダメ増加+がかかる。

スキル+0で+35%、+1で50%、+2で75%。

 

ウェスターについては腐敗Ⅱの項目も併せて確認のこと。

特殊

星5傭兵

セリア

セリア

育成難易度に見合った性能なのか?セリア

スキル+3から回復封印に付属する特殊な被ダメ増加+がかかるようになる。

スキル+3で+35%、+4で+50%、+5で65%、+10で+85%。

スキル+3で+50%、+4で+65%、+5で80%、+10で100%、+15で125%。

この項目での+スキル10で被ダメ増加+85%という倍率は破格の性能だが、入手難易度と育成難易度は極めて高い。

2019年10月31日のアプデ(苦笑)で助力者実装∔能力調整をうけ、特殊枠被ダメ増加では最高の性能となった。

ついでに烙印系の全ステ-デバフも得たため、非常に優秀。

さらに、アークスターはもちろん、セット効果である反逆の三星が強力なので、ザラタンやテリオンでも席が奪え、対ワルボ性能はすこぶる高い。

しかし、現状のメインコンテンツとも言えるアリーナで使えるかは、貴重な伝説スキル書と6魔助力者が必要になるため、コスパ面も含めて考えると、甚だ疑問。

 

※ブラダス界のトッププレイヤーがセリア+15についてツイートしているものがあるので、許可を得ることが出来れば、後日ここに掲載したい。

 

※11月8日追記

許可を頂けたので、セリアについてのツイートを紹介。

この方は、日本ブラダス界のワルボ最高スコア記録保持者で、トッププレイヤーの一人。

他にも、アリーナに於いて、セリアでナルタスを対処できる旨のツイートもされている。セリアを育成する価値は十分ありそう。

ただし、この方はワルボチャンピオンであるので、無課金初心者の我々では想像もつかないような高補正のルーンを所持していることが予想出来る。

ただセリアの育成をしたからといって、この方のように誰もがらくらくナルタスを対処できるようになるという話ではない気もするので、参考までに。

育てると決めるには、それなりの覚悟と愛情が必要だと思われる。

ローラン

ローラン

面白お兄さん以外の売りがないローラン

スキル+9から回復封印に付属する特殊な被ダメ増加+がかかるようになる。

スキル+9で+35%、+10で+65%。

 

ローランを育てるくらいなら、他にいくらでも有用な星5があるとは思うが、この分類では唯一のイケメン男子。

性格も面白お兄さんという感じなので、深い愛情を感じた人は、頑張れ。

バーバラ

バーバラ

アランの大戦士バーバラ ん?アラン最強の戦士??あれ?

スキル+10から回復封印に付属する特殊な被ダメ増加+がかかるようになる。

スキル+10で+25%、+11で+50%。

 

倍率が低い為一見使えないように見えるかもしれないが、環境に刺さっているキャラの為、PVPも見越していれば前者二人よりはるかに育てる価値がある。

また、高スキルレベルなら協同討伐のボス、パターンのハードをワンパン出来たり、スキル+15で追加ダメージスキルが防御無視になったりと非常に強力な傭兵。

オグドアド用に鍛えるのではなく、別の目的で鍛えておけばオグドアドでも使えるという事は覚えておいて損はない。

星4傭兵

シャーロッテ

シャーロッテ

顔面性能に賛否両論シャーロッテ

スキル+10で回復封印に付属する特殊な被ダメ増加+がかかるようになる。

スキル+10で+35%。

 

この項目だけ見ると、オグドアド用に鍛える価値はないように見えるが、後述する持続ダメージの項目でも登場する為、オグドアドに2つの被ダメ増加+をかけられる優秀な子。

ちょっと顔面が特徴的な傭兵なので、生理的に受け付けられないとかの理由がなければ、頑張ってスキル+10を目指したいところ。

ルクレチア

ルクレチア

何故この娘を活躍させられる世界にしなかったのかルクレチア

スキル+10で回復封印に付属する特殊な被ダメ増加+がかかるようになる。

スキル+10で+35%。

 

シャーロッテと違い、オグドアドに刺さるスキルが被ダメ増加しかない不憫な子。

見た目のアドは、シャーロッテに比べると圧倒的だが(あくまで個人の感想です。ご了承ください。)、ルクレチアはサブリナの素材であるという大きなディスアドバンテージを持っている。

残念ながら、好みにドストライクした人でなければ育成するのは難しいだろう。

アリーサ

アリーサ

厨二病全開おねーさんアリーサ

スキル+9から回復封印に付属する特殊な被ダメ増加+がかかるようになる。

スキル+9で+35%、+14で+65%。

 

この項目では唯一の助力者付き星4という事もあり、育て切れればPVPで高い戦果が見込める。星3素材傭兵を合成していけばスキルが上げられるという点も、無課金初心者的に考えて評価が高い。

あとは助力者を集められるかどうかだが、他の助力者付き星4キャラ達と比べると、各種コンテンツでの重要度などから、そこまで育成優先度は高くないと思われる。

先に、セレンディアやイザベル、クライ、ルネ等の必須級になっている星4傭兵の助力者が揃ってから育成を考えた方が良いかもしれない。

 

スポンサーリンク


   

持続ダメージ

星5傭兵

キャサリン

キャサリン

新世代最強魔法型傭兵キャサリン

スキル+12で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+12で10%。

 

数字は小さいが、6連撃というスキルを併せ持つため、1ターンの攻撃で6回分のデバフがかかる。

火傷自体も、最大HP依存というこの項目の他の傭兵と一線を画する存在で、1ターンの攻撃で6回分の火傷が入り圧倒的。

PVPにおいてもルシウス絶対許さないガールだったりと、環境トップクラス。

高範囲高火力の為、ストーリーや悪魔城でも大活躍が見込め、鍛えて損をするという事はない。

イラストアドも高くて人気があるが、ぼくはじょりょくしゃのこのほうがすきです。

エルドラ

エルドラ

太陽神に体を借りられちゃった19歳エルドラ

スキル+6で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+6で35%。

 

オグドアド以外にもアークスターで大活躍できるエルドラだが、アークスター、オグドアド共に、別にエルドラのスキルを上げなくても卒業できる。

各種コンテンツの適性も、アークスター以外は控えめな性能になっているので、深い愛情以外は、昇級と覚醒だけで充分と思われる。

この項目では、コスパが優秀な傭兵が多いので、オグドアドの為だけにスキル書5を投入するというのは論外。

例え、アークスターの為にスキル書を投入するにしても、無駄になる可能性が高いので、注意。

ファレル

ファレル

大陸随一のモンスターハンターファレル

スキル+3で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+3で+15%、+4で+25%、+5で+35%

 

ファレルはワルボの報酬で欠片を集めて作った星4ケランを、さらにグローサ、セレンディア、アガロンと合成することによって入手できる星5合成傭兵。

ワルボ特攻スキルである、敵の最大HP依存の追加ダメージスキルを持っていて、高スキルレベルに出来れば非常に大きなスコアゲッターになる。

が、作るまでの素材の確保と欠片を集める期間、星4ケランとの性能比較を考えると、無理して作る必要はないようだ。

卒業後もランキングの更新を狙うなら、後述する反射編成で使えるため、作る価値はある。

オグドアド卒業までなら、星4ケランのスキル上げを優先した方が手っ取り早い。らしい。

ギュンター

ギュンター

古代王の末裔ギュンター

スキル+6で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+6で35%。

 

ギュンターは特定の星4傭兵4体を合成することによって入手できる星5傭兵。

スルーX字という攻撃範囲に加えて、独立した被ダメ増加スキルと攻撃力依存の追加ダメージスキル、攻撃力及び自身の被ダメを増加させる永続の自己バフスキルを持っているため、非常に優秀。

活躍範囲は多岐にわたり、アークスターの被ダメ要員、ストーリーのせん滅役、協同討伐ハードの雑魚処理、ギルド戦の初手など、活躍の場が多すぎるので、スキル書5を投入してもいいかもしれない。

ただ残念なのは、現状ゲームのメインコンテンツとも言えるアリーナの適性が低いことと、素材の中にマイルガチャ専用の星4傭兵が含まれていること。

 

そして、ギュンター自身が6魔星セリアの合成素材になっていることだ。

 

後々セリアの素材にする場合は当然、ギュンターに投入した昇級の星や覚醒水晶、スキル書5はすべて無駄になる。

無課金初心者の皆様は、貴重なスキル書5をギュンターに投入する前に、セリアの画像を一度よく眺めてから考えてみよう。

星4傭兵

シャーロッテ

シャーロッテ戦闘イメージ

アップにならなきゃ使用に耐えるか?シャーロッテ戦闘イメージVer.

スキル+3で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+3で35%。

 

特殊の項目を参照。スキル+10を狙いたい。

オールス

オールス

雰囲気は一流 需要は不明オールス

スキル+6で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+6で35%。

 

マイルガチャ専用星4傭兵の上、とりわけ目立って優秀な点も見当たらず、非常にコスパが悪い。

見た目がドストライクなら自己責任でどうぞ。

 アヤン

アヤン戦闘イメージ

妹がこんな格好になったらお兄ちゃんは心配ですアヤン戦闘イメージVer.

スキル+6で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+6で10%、+13で30%、+14で50%。

 

無課金初心者対オグドアドでは、おそらく最強。

烙印の項目を参照。

ジャカン

ジャカン

なんだこいつ('_')

スキル+6で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+6で10%。

 

ギルド戦や地下アリーナでは、現在猛威を振るっているキュウビを簡単に処理できるようになるため、鍛える価値はある。

ただし、鍛えたところでオグドアド戦ではROUND1のオグドアドの攻撃で自爆して消えていくので編成には入らないだろう。

引きに恵まれて(?)早い段階で+6になり、オグドアド編成の枠が空いていた場合のみ使えなくもないかもしれないが、そんなことはまずないと思う。

リデル

リデル

ひきこもりのコミュ障臭を感じる設定リデル

スキル+14で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+14で35%。

 

助力者実装済みの星4攻撃傭兵という事で、新星アリーナでは一定の活躍が出来ている。

序盤ならストーリーやアリーナでも充分強く、見た目性能も悪くないと思う。

 

でも、ぼくはもっとおちついたかっこうのおんなのひとがすきです。

 

火力も充分高く、使い勝手はよさそうだが、追加ダメージスキルが相手の残りHPの割合依存というちょっと変わったスキルデザインなので、オグドアド編成に組み込むなら、早起きが必要になる。

同項目のギュンターほどではないが、使い勝手は良いので、優先して育成しても損はしないスペック。

助力者集めがネックになってくるので、他の必須級星4助力者の集まり具合と相談しながら、育成するかどうかを決めよう。

 

星3傭兵

ベローナ

ベローナ

どう見てもバスローブ羽織ってる系魔術師ベローナ

スキル+3で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+3で10%、+10で30%。

 

特に売りもないし、スキル+10でようやく+30%はちときつい。

奇跡的にベローナ以外のオグドアド適正傭兵を持っていない場合は、一考の余地があるか?

おすすめはしない。

 ノエル

ノエル

星3魔法型では1,2を争う優秀さんノエル

スキル+6で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+6で15%、+7で25%、+8で35%。

 

最後縦5マスという攻撃範囲に加え、序盤では100%の確保が難しいクリ率を、毎ターンクリ率が上がっていくクリ率持続上昇のスキルで確保できるため、序盤の無課金初心者に優しく、スキルレベルあたりの被ダメ増加率も合格点な星3傭兵。

新星アリーナでもまれに採用されているので、使えなくもない模様。

なお、私は使ったことないのでよくわからないが、スペックだけ見ると序盤なら十分使えそうという感じ。

コーデリア

コーデリア

今期お勧めナンバーワン!(鵜呑みにしないでね)コーデリア

スキル+3で火傷が火傷Ⅱに変化、被ダメ増加+が付く。

スキル+3で10%、+4で15%、+5で20%。

 

女神か天使かってくらい好み。

最前横3マス攻撃の優秀な星3傭兵。新星の初手から、ストーリーの雑魚処理、鑑賞用で活躍できる。

はっきりってこの傭兵に関しては個人の主観が強くなりすぎてしまうので、正しい判断が出来ないレベル。

見た目が好きな人は優先して育てよう。

ぼくは初日に星3スキル書全つしました(*'▽')。

 

オグドアドで高スコアを出すための編成

腐敗編成

ヴィオラ

コスパが優秀な腐敗攻撃型ヴィオラ

デオマロンやウェスターに加え、星4ヴィオラや星3スローンを使い腐敗スキルでスコアを稼いでいく編成。

ヴィオラやスローンが、ストーリーやアリーナ、新星、地下アリーナ等でもそれなりに使えるレベルの優秀な低ランク傭兵の為、初心者はまずこれを意識するのが良いと思う。

 

腐敗スキルは、相手の最大HP依存の持続ダメージスキルの為、キャラの育成があまり進んでいなくてもそれなりにいいスコアを出せるのが魅力。

ロックオンⅡや被ダメ増加と併用して、高スキルレベルウェスターを用意出来れば、卒業も狙えるはず。

 

期間限定だが、転スラコラボキャラであるリムルが暴食者によるカウンターで腐敗の付与できるので、転スラ好きなら押さえておきたい。

暴食者に付属する腐敗は、スキルベルを上げても腐敗Ⅱには成長しないので注意。

火傷編成

ケラン

デバフはないけど優秀な火傷攻撃型合成傭兵ケラン

火傷Ⅱに付属する被ダメ増加をかけつつ、持続ダメージを重ねてスコアを稼ぐ編成。

星3傭兵であるベローナ、ノエル、コーデリアのスキルレベルが上げやすく、星4傭兵には優秀なシャーロッテ、アヤン、特に優秀な助力者実装済みのリデルがいる。

 

火傷は腐敗と違い、スキル発動者の攻撃力依存になるため、ゲームを始めたばかりのうちは腐敗程はスコアを稼げない。

ただし、中盤以降に支援キャラやルーンが整ってくると、HP依存のダメージスキル(つまり、腐敗)は計算式のHPの上限が5万というルールがあるため、火傷の方がダメージが出るようになっていく(スキルの育成度合いにもよるが)。

特に、最新星5傭兵のキャサリンが強力で、自身の最大HP依存という特別な火傷+6連撃(=1回の攻撃で6回分の火傷がかかる)の為、圧倒的なスコアを叩き出せる。

 

火傷編成の場合も、ロックオンⅡやアヤンの烙印を併用して可能な限りオグドアドの敏捷と防御は下げた方が良い。はず。

 

キャサリンがストーリーや悪魔城、各種PVPでも活躍が見込め、育成のしがいもある。

ロックオンヴェンタナ編成

ヴェンタナ

オグドアド以外でも使えますか?ヴェンタナ

星5ヴェンタナの挑戦の一撃を使い、一撃大ダメージで高スコアを狙う編成。

挑戦の一撃は、攻撃対象にかかっている挑発及びロックオンのスキル×攻撃力×スキルレベルによる倍率のダメージを与える追加ダメージスキル。

+0で200%、+1で300%、+2で最高倍率の350%となるため、必要スキルレベルが低い事と、ロックオンⅡによるデバフをそのままダメージに変換できる事が非常にスマートで、編成の整理がつけやすいのもよい。

 

ロックオンⅡを積めるだけ積み、支援と被ダメ増加を割り振れば卒業は余裕。のはず。

 

私はヴェンタナを持っていないので、ベテラン勢に聞いた話をドヤ顔で語るだけのロックオンヴェンタナエアプ勢。

反射編成

カオリ

ワルボの歴史にその名を刻んだインフレ大魔神カオリ

ROUND2で敵の最大HP×1000%の固定ダメージを与えるというオグドアドの攻撃スキル、巨大な岩を活かし、アロンやカオリで反射して大ダメージを与える編成。

これを最大限に活かせるカオリは、血気ルーンでHPを5万確保すれば、スキルレベル+0から覚醒スキルの反射で50000×1000%×50%=25万!の大ダメージを与えられる。(最大HP依存のダメージ計算式のHP上限は50000であることは、忘れないように)

 

さらに、オグドアドから受けるダメージは固定ダメージだからクリティカルは発生しない(そもそもオグドアドのクリ率が0%なのだが)が、反射ダメージはきっちりクリティカルが出るので、支援キャラを使ってクリ率とクリダメを盛ろう。

カオリの反射ダメージが75%に上がるスキル+14まで鍛えると、カオリ自身にクリ率+65%のバフもかかるようになっているので、非常に強力。

足りないクリ率20%を支援で確保し、クリダメの上がる支援キャラをカオリに寄せていこう。

 

当然、併せてロックオンⅡや腐敗Ⅱ、火傷Ⅱ等のデバフと併用していくとよい。

火傷編成のキャサリン同様、カオリがアリーナを始め複数のコンテンツで大活躍できる性能のため、スキル書5やダイヤを使い高スキルレベルを目指す価値があるので非常にお勧め。

使い魔の烙印編成

ベラシエ

没落した貴族令嬢ベラシエ

基本攻撃前と、自身が基本攻撃を受ける前に、使い魔の烙印の解除と付与を行うベラシエは、使い魔の烙印解除時のダメージが対戦相手の最大HP依存の割合ダメージの為、高いスコアが期待できる。

その倍率は+8で最大倍率の、相手の最大HP×150%となり、対オグドアドでは3回の烙印の付け替えが可能なため50000×150%×3=22万5千の大ダメージが与えられる。

カオリ同様に、自身の攻撃力は一切気にしなくてよいので、支援込みでクリ率100%と可能な限りクリダメを盛り、火傷Ⅱと特殊枠の被ダメ増加や、腐敗Ⅱ、ロックオンⅡと組み合わせると、カオリほどではないが、比較的簡単に卒業が狙えそう。

カオリがスキル+0なら、併用することにより、スコアを大きく伸ばせそうだが、カオリのスキルレベルが+14以上なら、キャサリンか「魔法型ではない火傷Ⅱの被ダメ増加」を優先した方がスコアが伸びる可能性が高いので注意が必要か。

実際に卒業した編成

オグドアド卒業編成

2019年11月7日 あし

ベラシエの烙印とカオリの反射を併用した形。

アリーサは火傷Ⅱ持ちの傭兵かバーバラと、セレンディアはよりクリダメの高い傭兵(イザベルなど)と入れ替えた方がスコアは伸びると思われる。

手持ちのルーンの性能にもよるが、セレスは外さないでカオリのHPを確保しつつ、カオリは血気×怒涛、ベラシエは怒涛×怒涛のルーンを装備させるとよい。

セレンディアをイザベルにする場合、セレンディアとイザベルとミカエラの支援をカオリに、イザベルとミカエラの支援をベラシエにかけるようにすると一番効率が良い。

セリアは、スキル+0で使っているので、全ステ-50%のみ。

より防御を下げれる傭兵が手持ちにいるなら、セリアである必要はない。(イライザやデオマロンなど)

各傭兵の育成具合は⇩で。

www.asi-browndust.com

総括

と、ここまで無課金初心者目線でのオグドアド攻略について語り、最後に編成の分類分けをしてみたが、結局のところ手持ちの傭兵と相談し、各編成を複合して自分の最適編成を研究していくのが、ワールドボスの楽しみ方。

何も、火傷編成を作っているから、腐敗キャラは全部除外するというような目的での分類わけではないという事、それぞれのキャラの特性と役割をわかりやすくするために編成分類という方式をとって記述したという事を、どうかご理解頂きたい。

 

無課金初心者の皆様は、限りある育成資源を大事にし、ワールドボス以外のコンテンツでも活躍できる傭兵を優先で育てて、ワールドボスでも使えるキャラを見極めていくのが大切になってくると思う。

 

特にオグドアドは、上手に効率よく育成していけば、無課金初心者でも比較的楽に卒業出来ると思うので、お互い頑張っていきましょう。 

2019年10月5日あし


   

※当ブログで掲載しているゲーム画面のスクリーンショット及び、そのトリミング画像は、権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がある場合、各権利所有者様からの画像等の削除の依頼や警告に速やかに対処を致します。