あしのADHDでも生きる

ADHDとうつで苦しむ私の日常のはずがもはやブラダスブログ

スポンサーリンク

新キャラ「アイゼン」評価と思ったこと。

無課金者のブラウンダスト116日目


あしの無課金ブラウンダスト!4か月目!#24

 

待望の土曜日。

地下アリーナトーナメントライブ配信の日だが、その前に、みんな大好き?ルーンの寺院の日。

 

猛攻9F588周で星6欠片1170回収の土曜日

2019年10月26日ルーンの寺院の日結果

今日は一週間貯めこんだログボやらイベント報酬やらのスタミナと、貯めていたランタンBOX30個から回収できたスタミナ計7056を、寺院猛攻9Fにオールイン。

画像はないが、これが終わった後には、当日分のログボやデイリー報酬と自然回復分のスタミナを、さらに516追加でつぎ込んだ。

 

結果、星6猛攻ルーンが5個生成出来て、R2個R+3個。

いつもなら毎週恒例のげきおこ顔文字大きさ大を使うタイミングだが、今日は星6SRルーンが直ドロしたので許した(*'▽')。

 

ゴールドは700万ゴールド以上貯まり、昨日の記事で書いていた、月末の資金難という懸念も軽く払拭。

 

www.asi-browndust.com

 

悪くない一日になった。

 

問題は、今日のHOT商店でダイヤ交換した血気ルーンも含めて、強化待ちのルーンが大量に貯まってきた事。

運搬係用の星6血気Rや、今日直ドロした猛攻星6SRを始め、きちんと+9にして前線に投入したいルーンは沢山あるが、やはり今ゴールドを使うのは愚策か。

星6SRなんか、最大強化しようとすれば、何百万ゴールドが消えていくかわかったもんじゃない。

怖えなこのゲーム。

昇級もスキルあげもルーン叩きも、全ては月末の大量スカウト後まで我慢だ。

 

さて、昨日に引き続き11月28日実装予定の新キャラについて。

昨日は実装予定の星5攻撃型傭兵キリアについて書いたが、今日は星4アイゼンの方を見ていきたい。

アイゼン

眼鏡?髪型?アイゼン

ファッションセンスはとにかく、眼鏡をしているのか前髪が変なだけなのかよくわからない、イケメン風のお兄さん、アイゼン。

公式ブログで大き目の画像を拡大し確認してみたが、いまいちよくわからない。

一応、「僕やれます」的な眼鏡を直すポーズをしているので、わかりにくいけど眼鏡なのだろう。たぶん。

フレームの書き方が、変な髪型だけどキューティクルな前髪に見えなくもないが。

 

以前の配信中に、ベテランのプレイヤーさんに教えてもらった話によると、このキューティクル眼鏡が、新星アリーナでかなり強いらしい。

なんでも韓国サーバーの新星アリーナに於いては、現在日本サーバーで、圧倒的な破壊力と「ヘル絶対許さないマン」的なスキル構成で、新星の絶対王者として君臨しているクライを、全て駆逐して絶滅危惧種に追い込んでいるらしい。

やばいな。

 

クライを育てていない勢の私としては、ぜひ傭兵団に加えて、新星アリーナの編成に参加させたいところだ。

 

アイゼンのスキル構成は、反射・カウンター無効化、サブスキルに回復封印が付く追加ダメージスキルの防御の一撃、機敏特性Ⅱ(永続)、出血Ⅱとなっている。

反射・カウンター無効化

反射・カウンター無効化

反射・カウンター無効化は、スキル+0から使えて、スキルレベルを上げても特に強化がされることはないが、キャラデザイン的に考えると非常に大切なスキル。

このスキルをアイゼンが持っていることにより、クライの駆逐が完了した際に、クライが環境から消えたため、ヘルが復権して新星の覇者に再度君臨してしまう等というイタチごっこを、回避できるようになっている。

この辺のスキル選びは、運営サイドもよく考えている感じがして、やるなぁという感じ。

まぁ、その方が利益につながりやすいというのもあるのだろうけど、新キャラが出てくる際には、きちんと現在の環境トップキャラをメタれるようなスキル構成で出してくるあたりが、自分たちの作ったゲームをちゃんとプレイして、理解していますよー感があり、好印象。

私が今まで触ってきたゲームの中には、運営サイドのエアプがひどいみたいなゲームがいくつもあったので、このことは「僕のブラダス大好きポイント」の一つにもなっている。

防御の一撃

防御の一撃

第2スキルであり、攻撃スキルに当たる防御の一撃は、ウィルヘルミナの持つものと同じで、防御を無視してダメージを与える。

連撃キャラのウィルヘルミナとは違い、単発攻撃のアイゼンの防御の一撃は倍率が高く、スキル+0で攻撃力×50%、最大倍率はスキル+15で攻撃力×250%と非常に優秀。

スキル+0から回復封印もついているので、クライの回復などもきっちり封印できるのだと思う。クライえあぷだから知らんけど。

基本攻撃力は979と攻撃型にしてはやや控えめな印象だが、星4ならこんなものか。

ルーンと装備で盛って、きちんと支援で底上げしてあげれば、新星ではかなりの火力になるだろうし、防御無視なので流行りのキュウビに使えることを考えると、新星から飛び出して、各種PVPでも使いまわしが利くだろうか?

私みたいにウィルヘルミナを所持してないプレイヤーには、ありがたい存在になりそう。

機敏特性Ⅱ(永続)

機敏特性Ⅱ(永続)

機敏特性Ⅱ(永続)は、スキル+3から開放され、敏捷×50%のクリ率上昇という自己バフ。

スキルレベル+10からはクリダメ増加も加わり、+12で最大倍率の敏捷×100%クリ率上昇と+50%のクリダメ増加。

基本ステータスの敏捷は30%で、ルーンのオプションで盛っても42%。

機敏特性Ⅱが最大倍率でも、元のクリ率10%と合わせて、単体クリ率は52%どまり。

この数字だと、新星アリーナで使用率の高い支援型傭兵であるセレンディアのバフをかけても、クリ率上昇は42.46なので、94.46と惜しくも100には届かない。

別の支援を足して2バフかけるか、支援型を選び直すなら、ルーンは敏捷オプションにこだわりすぎなくてもいい気がする。

かゆいところに手が届かないという見方もできるが、割り切ってもいいポイントにもなりうるか。

敏捷のバリューがそこまで高くないので、猛攻固定オプション攻撃力×猛攻割合オプション攻撃力という選択を取り、防御の一撃の高倍率を生かすというのも面白い。

防御無視だし、これでも新星なら大体ワンパンの可能性が高いんじゃないかな。

 

いずれにしろ敏捷付き一択ではなく、手持ちのルーンによって構成を選択出来るのは利点と言えば利点だ。

出血Ⅱ

出血Ⅱ

覚醒スキルの出血は、攻撃力×15%の持続ダメージを6ターンで、防御型には3倍ダメ―ジ。スキル+レベル14で30%の12ターン。

新星で防御型と言えば、ルネやデナリサ、カーソンなどが代表格で、みんなそれぞれ持続ダメに対しては免疫で抵抗できる傭兵達ばかりなのがちょっとだけ難点。

ただ、3倍にはならないが、免疫を持たない相手なら、防御型以外にもきちんと入るので、セレンディアを触ってそのまま出血KOに追い込めるとしたら、それは十分な戦果と言える。

また、新星ではあまりあてにできないかもしれない出血も、ストーリーや悪魔城、場合によってはギルド戦等でも使える局面はありそうなので、まぁまぁ及第点。

出来れば何か免疫系が欲しかった気もするが、そこは星4なので高望みはよくないか。

 

トータルで十分鍛える価値のある傭兵だと思う。

 

最優先とまではいかないが、ストーリーや悪魔城にいるめんどくさい防御100%系を、パズル要素を無視して脳筋排除したい場合、かなり使い勝手が良さそうなので、最近始めた無課金心者さんにも、安心してお薦めできそう。

 

結論として、アイゼンは眼鏡のせいで変な前髪に見える傭兵という事だ。

実装を楽しみにしよう。

助力者が可愛いし、個人的にはとても楽しみ(*'▽')。

※当ブログで掲載しているゲーム画面のスクリーンショット及び、そのトリミング画像は、権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がある場合、各権利所有者様からの画像等の削除の依頼や警告に速やかに対処を致します。