あしのADHDでも生きる

ADHDとうつで苦しむ私の日常のはずがもはやブラダスブログ

スポンサーリンク

ラキス+15最強論。

無課金者のブラウンダスト109日目


あしの無課金ブラウンダスト!4か月目!#17

 

もう土曜日ってだけで、何があったかは分かると思うが一応貼っておく。

 

ルーンの寺院スタミナ3800くらい

20191019土曜日は餌ルーン沢山作る日

得られたルーンは星6R3個と星6R+1個だった。

他にめぼしいものはない。

 

( `ー´)ノ。

 

毎週土曜日はどうしても愚痴っぽくなってしまうので、ルーンの寺院の結果はもう知らない。

今日は何もなかった日。

断じてルーンの寺院の日などではなかった。

いいね?

 

フレンドさんが、ラキスのスキル+15をフレンド傭兵に置いていたので、お借りした。

アリーナでの評価では賛否両論でイマイチなのではという声も多々上がっているラキス君。

彼の主戦場はおそらくアリーナではなくて、ギルド戦の攻撃時や地下アリーナ、ストーリの攻略などになるだろうと思う。

実際にラキスのスキル+15を使ってストーリーを攻略してるシーンは、配信の42:10~

 

非常に強力なパフォーマンスを見せてくれたので、正直ブラダス壊れちゃったと思ったレベル。

ラキス

復讐者ラキス

※ラキスは、2種類のカウンターと、追加ダメージスキルを持ち、覚醒すると永続の持続ダメ免疫が開放される、星5攻撃型傭兵。

 

最大の売りは第2スキルのデーモンカウンター。

スキルレベル+15では、戦闘開始時に、攻撃力バフの上限に近い250%という高い倍率の自己バフがかかり、その高い攻撃力に依存した倍率275%のカウンターを、ラキスに対して基本攻撃を行った相手に与える。

その結果、攻撃をしてきて相手を倒すことが出来たら、デーモンカウンターのサブスキルである、有効攻撃回数100回のデスガードが1ターンの間発動し、その間、追加ダメージを全て0にしてしまう。

 

つまり、今までは魔法を撃てれば最低でも誰か一人(ルシウス以外なら)を確実に倒せていたレヴィアに攻撃されても、反撃で一方的にレヴィアを倒して、ラキスは生き残る。

キュウビなどの防御100%キャラや、攻撃時にデスガード発動して襲ってくるカウンターキラーのバルゼなどにはめっぽう弱いが、バフをもってクリ率クリダメをきちんと確保してあげれば、カオリでも反撃で一方的に倒せてしまうようだ。

 

なお、カウンターで攻撃してきた相手を倒しきれなった場合は、ラキスは自身をKOするのに十分なダメージを自身に与えて退場するという、不思議な仕組み。

 

一応、基本攻撃だけでラキスを倒し切れれば、両者相打ちという形でラキスをKOすることもできるが、第1スキルの呪いカウンターが基本攻撃を受ける前に発動し、サブスキルにステ増加系バフ解除もついてくるため、生半可な火力ではラキスと相打ちすることも非常に困難だと思われる。

 

おまけに第3スキルが敵KO時に発動する攻撃力×100%上昇の自己バフスキルと、最大HP50%即時回復をサブスキルに備えた、攻撃力依存の追加ダメージスキルになっているため、殴っても殴られてもとっても痛いというデザイン。

 

特定のキャラを持っていないと処理が非常に困難なため、間違いなく強キャラだと思う。

 

相性の良し悪しが明確であり、苦手としている傭兵がはっきりしているので、ランダムな相手とマッチングするアリーナでは、大活躍出来たり、何の役にも立たないまま退場したりと、安定性が全くないのが玉にキズか。

 

地下アリーナや、ギルド戦の攻撃時にきちんと相手の配置を見極めて、ラキスの最適な配置場所を見つけることが出来れば、それだけで勝負を決めてしまうだけのスペックを持つ、キラーユニットになれる。

 

相手の配置が最初から決まっているストーリーでは、時間をかけてじっくり相手の配置を確認できることもあり、非常に強力。

おそらく現状のストーリーのほとんどをラキス+15一人で星3クリアできるのではないか?という性能なので、フレンド傭兵に置いてもらえたのは非常にありがたい。

 

今日はシーズンⅠの50-9ハードを、フレンドラキスで余裕の星3クリアしたので、明日には50-10ハードが終わると思う。

そすれば、シーズンⅠは星3コンプ終わり。

ようやくシーズンⅡを進めていけそう。

 

シーズンⅡのストーリーの内容はちょっとストレス要素が高めだが、クリア報酬が欲しいので頑張っていこうと思う。

 

私のフレンドでラキス育成済みの方は、至急フレンド傭兵に置いといてくださいねー(*'▽')

 

あ、私にはラキスを取りに行く余裕がないので、ガチャはスルーしますm(__)m。

※当ブログで掲載しているゲーム画面のスクリーンショット及び、そのトリミング画像は、権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がある場合、各権利所有者様からの画像等の削除の依頼や警告に速やかに対処を致します。