あしのADHDでも生きる

ADHDとうつで苦しむ私の日常のはずがもはやブラダスブログ

スポンサーリンク

カーソンが15になった。

無課金者のブラウンダスト99日目


あしの無課金ブラウンダスト!4か月目!#7

 

日々の協同討伐を、コツコツギルメンと頑張りつけてようやくカーソンの装備育成が終わった。

カーソン15

カーソン育成完成。ルーンがしょっぼいのが難点。

※カーソンスキルベル+15は、挑発に被ダメージ-35%が付く。
もともと持続ダメージ免疫に被ダメ軽減-50%が付いているので、スキル+14と比べると気持ち硬くなる。

因みに、被ダメ軽減は合算処理ではなく順次処理なので、

 

受けるダメージ×(1-50%)×(1-35%

 

という計算がされる。

挑発の発動前にバリア付与等の別の被ダメ軽減スキルがかからない場合、総軽減率は67.5%になり、そこからさらに防御力分が計算されることになる。

中々硬い。

はずなのだが・・・

 

スキルレベル+14から+15+に上がり、硬さが増したはずなのだが、正直あんまり体感できる変化ではなかった。

 

残念ながら。クライやベアトリスなどが強すぎて、どうせすぐ落とされるという感じ。

ルーンが星4URという最低限ルーンなので、防御力が60%弱なのがいけないのか?

出来れば星6鉄壁URを目指したいが、血気も猛攻も足りていないので、ちょっとまだ鉄壁を掘りにいけないのがつらい。

クリスタルⅡ級の新星アリーナ配置

今日の新星アリーナ

配置と攻撃順は、真ん中アヤンがあまり強くなかったこと、マリアがROUND2までもたなかったこと、カーソンの挑発を早く発動させたいことから、上段初手ウィグルからのカーソンという攻撃順に変えてみた。

 

今日から禁止だったルネに代わりデナリサ、先週使っていたアリーサに代わりアヤンを採用して一日新星アリーナをやってみたが、勝率は攻撃勝率49%防衛勝率21%と散々な一日。

 

アヤンはまだスキル+13だが、刺さると楽しい。(強いとは言っていない)

朝は猛攻ルーン×2で使っていたアヤンだったが、全然勝てないので怒涛×2に切り替えた。

クライやヘルを先に触れて、クリティカルが出ると火傷で溶かしきれるのが偉い。

 

新星では浄化を使えるセレンディアに加えて、攻撃妨害を解除できる弦月の採用率も高いので、アヤンのデバフが消されることは多々あるが、配置運が良ければクライ、ライヘル、リジ―など、厄介な相手をまとめて溶かせることがあるので、かなりの気持ちよさ。(強いとは言っていない)

 

ただ、今週は採用率の高い星4傭兵ルネとコレットが禁止という事で、今まであんまり見なかったアヤンを対戦相手も採用しているパターンがそこそこあった。

他にルネコレットの代役としては、ルトやヘル、デナリサ当たりを採用している人が多く感じた。

 

アヤン同士の戦いは、完全に運ゲーという感じがあるので何とも言えないが、ヘルを採用されると、私の編成では歯が立たない場合が多い。

先にアヤンがヘルに刺されば溶かせるが、先にヘルが動いてしまうと、先ず歯が立たない。

編成を考えなおさないと、今週はちょっと厳しいと感じた。

 

まぁ、クライ作れば解決しそうなんだけどね。

 

   

 

星5魔法型のバートリーを昇級と覚醒させた。

バートリー覚醒

猫魔法の使い手バートリー、運搬係に就任。

先日、セイルを昇級覚醒させたので、すでに昇級済みだったデオマロンもついでに覚醒させて、三人まとめてテリオンへ投入。

ゲーム開始当初から使っていたシグムンド、ルネ、アリネスのセットを、三人まとめて交代。

3人とも今までお疲れ様という感じ。

 

シグムンド達のセットとセイル達のセットだと、基本ステータスベースで3人の総HPがセイル達のセットの方が5000弱高くなる。

ここからルーンや装備の分も加えて、最後にセット効果のHP×30%の補正が入るので、結構大きな変化。

特に、シグムンドとルネは鉄壁運用だったので、あまり運搬向きではないのもあり、今のところ運搬以外では使う予定のない3人のセットに替えられたのは大きい。

3人とも高ランクの血気割合ルーンに変えたかったが、手持ちにろくなルーンがなかったので、今日のテリオンは、スコア微増という感じ。

大差ないので画像はなし。

 

正直なところ、今無理して血気ルーンを掘りあさり、ゴールドを大量に投入して叩くよりも、カオリクラスのHPがある新キャラや、既存キャラの調整を待ってから攻略した方が、楽な気がする。

現在の日本サーバーでは運搬を卒業した人はいないようなので、のんびり構えた方が効率が良さそうだ。

※当ブログで掲載しているゲーム画面のスクリーンショット及び、そのトリミング画像は、権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がある場合、各権利所有者様からの画像等の削除の依頼や警告に速やかに対処を致します。