あしのADHDでも生きる

ADHDとうつで苦しむ私の日常のはずがもはやブラダスブログ

スポンサーリンク

アリーサ+14をアリーナと新星に投入。

無課金者のブラウンダスト75日目


あしの無課金ブラウンダスト!3か月目#14

アリーサが星6覚醒スキル+14レベルマックスになった。

アリーサ+14

だいたいナルタス、アリーサ+14完成

※アリーサは、スカウトで手に入る特定の星3キャラ4種類を素材にして作ることが出来る合成傭兵。

手に入りやすい星3キャラだけでつくれるので、比較的容易にスキル上げを出来るのが魅力の一つ。

最前4マスの攻撃範囲と、回復付きの高い倍率の追加ダメージスキル、全ステデバフ付きの氷結、被ダメ増加付きの回復封印、そして挑発無視を持っている。

 

高倍率の追加ダメージスキルである究極の一撃は、アリーサ本人のステータスの高さも手伝い、新星アリーナでは無類の高火力を誇る。

もしこの究極の一撃を耐えられたとしても、全ステデバフ付きの氷結と被ダメ増加付きの回復封印を付与出来るため、仲間の追撃で簡単に倒せるようになる。

 

そして、最大の売りは新星アリーナで猛威を振るっていたヘルをはじめ、使用率の高いカーソンやメルセデスの挑発を完全に無視して広範囲攻撃ができる挑発無視だろう。

攻撃役の仲間を保護するために、複数の挑発役を編成するのは、アリーナを始めとするPVPコンテンツの基本戦術だが、アリーサはすべてを無視して、相手の攻撃型をつぶしていくことが出来る。

注意しなければいけないのは挑発無視が戦闘開始時に発動し、スキル+14で25ターン持続、スキル+15で45ターン持続と長期戦になると効果が切れてしまう事。

そして、このゲームでは非常に強力なデザインになっている免疫系を一つも持っていないことがあげられる。

運用するなら配置や支援のかけ方に気を付けて、保護するように意識した方が良い。

 

回復封印に付随する被ダメ増加を持っているため、ワールドボスでも使用が可能だが、スキル+14で被ダメ増加+65%となり、スキルを+15に上げてもそれ以上上がらないので注意が必要。

 

アークスターで使用する場合、候補の一人にはなるが、マルティナやデナリサ、ザルカなどの他の星4キャラよりも倍率が低めになっている。

その代わり、火力は高めなので高レベルの支援をかけ、サブアタッカーも兼ねる使い方などは検討の余地がありそう。あとは各々手持ちと相談で。

 

オグドアドの場合は、ステ減少免疫に防がれない回復封印に付随した被ダメ増加枠という、キャラの少ない枠に入れそうだが、持続ダメージに付随した被ダメ増加キャラを選択していった方が、トータルでスコアが伸びる気もする。

枠に余裕があったら使う程度の認識の方が良いかもしれない。しらんけど。

 

アリーナで、アリーサを編成した結果あっという間にゴールドⅡ級へ初昇級。

そして、そのままフィニッシュ。アリーサえらい。

今週のアリーナの結果、初のゴールドⅡ級

アリーサを編成に入れたら初のゴールドランクⅡ級へ

新星アリーナでは、アリーサ編成後に防衛で8連勝。

もちろん抜いたのは、クライだらけになったせいで最近しんどいヘル。

新星アリーナ防衛8連勝

新星アリーナ防衛8連勝

アリーサのおかげなのか、2列配置に変えたのが良かったのかは判断しかねる。

ただ、スローンとマロンは場所を逆にした方がいいかもしれない。

 

攻撃では20戦中17勝して、あっという間にクリスタルⅢ級に帰ってこれた。

新星アリーナ攻撃20戦17勝

新星アリーナ攻撃20戦17勝

昨日まではダイヤⅡ級に落ちてしまいそうな勢いだったのに。

やはり、ヘルの時代は終わってしまったのか。

 

このブログを書いている今も、良いペースで勝てているので、明後日にはクリスタルⅡ級に上がれそう。

そのまま定着して火曜日の締めになって欲しいが、締めの日はポイントの増減が激しくなるので、どうなるかわからない。

使っている装備やルーンの事を考えると、まだまだ弱いのでちょっと自信がない。

 

新星アリーナは、とりあえずヘルがいなくなるまではクライが強いと思うが、ヘルがいなくなった後はクライがどうなるか?

セレンディアとルネは、現状ではちょっと替えが効かない感があるので、しばらく不動のスタメンでよさそう。

今後のキャラ追加で、新しい助力者付きの星4支援キャラが出る予定もあるらしいので、環境がどう変わっていくのか楽しみ。

 

ちょっとついていくの大変だけどなー。

 

☆おまけ☆

高級契約書からキュウビ獲得

HOT商店で投げ売りされてた高級契約書からキュウビ獲得

今日のHOT商店、うまかったよね。

※当ブログで掲載しているゲーム画面のスクリーンショット及び、そのトリミング画像は、権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がある場合、各権利所有者様からの画像等の削除の依頼や警告に速やかに対処を致します。